Organization Consulting
人財開発

人財開発というと、まず思い浮かべるのは“研修”であると思います。確かに研修は人財開発の手段として有力なものであると思います。実際に研修を通じて、業務に必要な知識やスキルが伝達されているとも思います。

一方で“人材開発”そのものの目的に立ち返ると、決して個人に必要な業務知識やスキルを身に着けてもらうことではないと考えています。本来は、その対象になっている人財が、顧客や組織に対してより高い成果をもたらすことであったりするはずです。

組織が実施する人材開発においては、顧客や組織(チームや対象者以外の人)など「周囲の人たちとの関わり」の視点は、欠かすことはできない要素と考えます。そして「周囲の人たちとの関わり」の視点を考慮した時には、対象となる人の人間的な側面、言い換えればリーダーシップのような側面へのアプローチも欠かせないものと考えます。

人財開発のゴールは、個人の知識やスキルの厚みを増すことではなく、その増強した知識やスキルで周囲にプラスの影響を出せるようになることだと考えております。

弊社サービスの特徴

弊社の人材開発は、人財開発の対象者個人の視点ではなく、“組織にプラスの影響をもたらす”という視点で設計されております。 主な対象者をミドルマネージャー(課長~部長級)とし、対象者をリーダーとするチーム活動を通じて人財の開発を行っていきます。具体的には、ミドルマネージャーに組織が解決すべきと考えている課題を与え、それをチーム活動を通じて解決していくというプロセスを取ります。これらの課題を解決していく一連の流れ中で、組織やビジネスプロセスを変革させ、課題を解決してていくためのスキルを身に着けて頂きます。

そして、ミドルマネージャーが主となって活動することで、その背中を見て日々活動している担当者レベルの方にも、反対にミドルマネージャーの相談に乗ったり、ミドルマネージャーが行ってくる提案に判断を下さなければならない上級管理職まで、幅広い層が直接的、間接的に関わり、組織内の多くの人たちに影響を与えていきます。結果として、巻き込まれ方々は、非常に幅広くなり、それ自体が組織全体を“変革”に向けていく原動力にもなっていきます。

サービス内容

基本的には、課題の設定から解決策の現場への浸透までを一連のパッケージでご提供させて頂きます。我々は、対象となるミドルマネージャーが組織の中で信頼される存在、頼られる存在になって初めて“一定の開発が完了”したと考えます。

そこからは、日々の業務活動の中で、更なる開発(自己開発)を続けて頂きたいと願っております。自己開発を続けて行かれる状態になるのに、単発の研修だけでは難しいというのも実情です。

人財開発の全体像・基本的な流れ

サービス内容

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ