Family Business
後継者育成

ある調査によれば、事業承継に関して現経営者がもっとも大きな課題に考えていることは、後継者の育成であるとされています。また、後継者に必要な能力は何かと問われた際には、リーダーシップ力やコミュニケーション力を第一位と第二位にあげており、いわゆる座学では簡単に身につかないものを重視しています。

オーナー経営者にとって、事業承継は避けて通れない経営課題のはずですが、多くの企業では現経営者が高齢になられてからあわてて後継者育成を考えるという場合が多いようです。特に、成功されたオーナー経営者にその傾向が強いように感じられ、現経営者が後継者を意識し始めたときには、親族は別の社会生活を送っていたり、社内に十分に次世代幹部が育っていなかったりします。

言うまでもなく、事業承継は事業の存続に大きく影響する課題であり、現経営者ひとりの問題ではなく、社員や顧客、取引先、その他ステークホルダーに大きな影響を及ぼします。したがって、戦略性を持って後継者育成を考えていく必要があります。

弊社サービスの特徴

事業承継は、各社ごとにその条件や経営環境が異なりますので、後継者育成もその会社ごとの状況にあわせて設計する必要があります。弊社では、企業ごとに「カスタマイズ育成」を行うため、継承計画を作成し、これに応じた効果的かつ実践的な育成プランを実践することが特徴です。 また、前記の通り後継者に求められる能力は、実践でしか身につかないものがあることから、弊社独自のフィールドスタディやコーチング手法を用いて、業務を通じて身につけていただくことも特徴です。

特徴 1.
カスタマイズ育成
企業経営・経営環境を踏まえて、御社に最適な継承計画を作成、その計画に基づいた育成プランを策定します
特徴 2.
座学と実践のハイブリッド型
後継者に必要となる基礎知識/基礎スキル、実践型知識/スキルの両面をバランスよく身につけます
特徴 3.
フィールドスタディや
コーチング手法を使う体験型育成
後継者の実際の担当業務やプロジェクトを後継者とご一緒に推進し、実践の中でコーチングすることで、経験に基づいた気付きや考え方を身につけます
特徴 4.
経営大学院教授が担当
実際にMBAで講義を行っている講師が教えます。個としての能力育成、新経営手法の習得につなげます

サービス内容

通常の育成のステップと期間は以下の通りです。

サービス内容

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ