Family Business
分社化支援、事業M&A支援

ファミリービジネスにおいて、事業の多角化(第二創業)、事業再生や事業承継に伴う事業分野分社化や事業M&Aは、いまや日常的に考えていくべき経営上のオプションとなりました。今後日本経済が直面する人口減少や高齢化、既存産業の成熟化といった要因を考えると、分社化や事業M&Aはますます重要な打ち手になってくると予想されます。

弊社はファミリービジネスにおいての分社化、事業M&A支援を得意としています。ファミリービジネスの分社化、事業M&Aは、その専門の知識、ノウハウが必要です。たとえば、事業承継においての分社化や事業M&Aは重要な打ち手としてクローズアップされますが、後継者を念頭に置きながら、これらの計画を立て、それを実践し、軌道に乗せることは、単純なバリュエーションや事業売買収の相手先探しとは異なります。そこにはファミリーが“納得感”を持てるか、合意のプロセスはどうあるべきかという視点が必須となります。当然、こうした案件に従事したノウハウが必要となりますが、社内にこうした人材はなかなか存在しません。

弊社は、このファミリービジネスに専門性を持った人材を揃え、加えてビジネス面からのデューデリジェンス、バリュエーションの経験を持つメンバー、および事業のM&Aに関する交渉代理のノウハウを身に付けたメンバーをそろえております。つまり、専門的スキルに加え、貴社のトップマネジメントの事業にかける思いや経営上のこだわりなどを深く理解する努力を怠らない人材が貴社マネジメントの参謀役となります。

分社化、事業M&A支援 サービスメニュー

弊社のご支援は、まず貴社がどのような状態にあるかをご相談するところから始まります。 たとえば、事業買収をお考えの場合、すでに買収候補企業をリスト化されていれば、候補企業をスクリーニングして、対象企業を絞り込むご支援や、リストに落ちている有力企業を弊社の情報ネットワークを活用して推薦することができます。特に候補企業をスクリーニングしていく際には、ビジネスデューデリジェンスをもとにした事業競争力の健全性、必要投資額の試算、業界有識者の見方などを総合的に勘案して、貴社の技術面からのご評価を加味して絞り込み作業を行います。

事業買収、事業売却、いずれにあたっても、貴社側の“交渉代理人”という立場で、候補先企業への意向打診、条件調整、ご契約の代行を実施いたします。この交渉に必要な弁護士などの助言も弊社のネットワークで用意が可能です。

  • 分社化における分社スキームの企画、計画の立案、実施
  • 社外取締役として事業運営の直接参加
  • ビジネスデューデリジェンスによる事業競争力の評価
  • バリュエーション用の事業計画策定
  • 買収(売却)価格決定(プライシング)、スキーム策定
  • 交渉代理 など

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭へ